宇宙兄弟-宇宙に憧れた兄弟2人の熱い人間ドラマ

宇宙兄弟 モーニング

宇宙兄弟とは

宇宙兄弟小山宙哉が描く宇宙冒険ジャンルの青年漫画です。

モーニングで2008年1号から連載開始され、2019年5月現在も連載中です。

巻数は既刊35巻です。(2019年5月現在)

 

このページでは宇宙兄弟のストーリーネタバレや感想レビュー、漫画ダウンロード情報等を紹介していきます。
 
ネタバレするのが嫌な方や、早く漫画が読みたいという方はこちらをタップorクリックしてください。
 

宇宙兄弟のストーリーネタバレ


・2巻では、ムッタが弟よりも劣っていると感じてしまいましたね。

ムッタは天真爛漫で才能がある弟とは違い、劣等感を感じる普通の男子だったのです。

でも、真面目に弟思いのムッタだから、好感度はかなり高いです!

 

・8巻では、合否に関わらずみんなを抱きしめたくなりました!

溝口はダメだったけど、これがきっと良い経験となるはずだと思います。

関西弁を話すやっさんに、けっこうヤラれてしまいますね。

ただ、宇宙飛行士になることができるのはほんのわずかの人だけなので、辛い思いを味わった人も少なくありません。

そんな人たちの気持ちも含めて、宇宙飛行士となっていくのですね。

ヒビトの月でのシーンには、とてもハラハラしました。

月から見る星って、一度は見てみたいものですね。

 

・10巻では、個性的な登場人物たちのエピソードでとても忙しいですね。

相性が合わない感じのビンスとラリーは、どうなっていくのでしょう?

見ているとなんだかスッキリしませんね。

ムッタのビンスへの第一印象がもし当たっていたとしたら、また面白い展開になりそうでワクワクします。

 

・14巻では、ムッタがせっかくの宇宙に行く機会をせりかに譲ります。

ムッタのアイデアの豊かさはスゴイですよね。

一方、ヒビトがパニック障害に苦しんでいます。

室長が焦っているシーンはウケてしまいましたたね。

シャロンの病状が進んでいるから、この先どうなってしまうのか不安になってしまいます。

かわいそうなシャロンですが、夢が実現するといいですね。

シャロンの様子は、月を目指しているムッタにも気持ち的に影響してしまうような気がします。

14巻ではハラハラする内容がメインな感じですね。
 

宇宙兄弟の感想レビュー


こんなに主人公に魅了されたことは今までにないくらいに、最高の主人公だと思います!

この作品を読んだら、影響されて仕事を頑張る気持ちになれます。

どんな自己啓発セミナーなどより、効果的だと思います。

名言や格言がいろんなシーンで出てくるので非常にためになりますね。

主人公のアフロもお気に入りです。

 

ムッタは不器用だけど人間性が素晴らしいと思います。

夢に向けて真っ直ぐなところがとてもカッコよくて好感が持てます。

また、家族の絆、宇宙への愛、生きる姿など、様々なことが描かれているので読んでいて飽きることがありません。

あまりにも気に入ったから、最新刊まで一度に購入してしまいました。

笑えるシーンも涙が出るシーンもありますし、私の最も好きな作品です!

 

ムッタは素晴らしいものをたくさん持っているので魅力がありますね。

もちろん良いところだけでなく悪いところもあるんだけど、それも彼の魅力の一つに感じてしまいます。

宇宙飛行士になる理由があって目指すのもステキだけど、ただなんとなくカッコいいからという理由だけで目指すのも良いかもしれません。

相変わらず面白いので、続きがどうなるのか早く知りたいですね。
 

宇宙兄弟をダウンロードして読むならこちら

 
⇒こちらから電子書籍で宇宙兄弟を読む
 

宇宙兄弟

 

宇宙兄弟をコミック本で読むならこちら

 
⇒こちらからコミック本で宇宙兄弟を読む

タイトルとURLをコピーしました