五等分の花嫁-5つ子女子校生と家庭教師の心温まるラブコメディ漫画

五等分の花嫁 週刊少年マガジン

五等分の花嫁とは

五等分の花嫁春場ねぎが描く恋愛ものジャンルの少年漫画です。

週刊少年マガジンで2017年36・37合併号から連載開始され、2019年4月現在も連載中です。

巻数は既刊9巻です。(2019年4月現在)

 

5つ子女子校生に男子高校生の家庭教師がつき、その中の一人と結婚を控えた主人公が高校時代を回想するというお話。

ほっこり系ラブストーリーで人気の少年漫画です。

 

このページでは五等分の花嫁のストーリーネタバレや感想レビュー、漫画ダウンロード情報等を紹介していきます。
 
ネタバレするのが嫌な方や、早く漫画が読みたいという方はこちらをタップorクリックしてください。

五等分の花嫁のストーリーネタバレ


家庭教師の主人公風太郎は、5つ子に勉強を教えていました。

そこに恋愛がプラスされるようになっていきます。

誰かが彼の花嫁になるのですが、それが誰になるのかはわかりません。

お姉さんっぽい一花やツンデレの二乃など、応援するヒロインは読者によって異なるのも面白いところですね。

もちろん、誰が花嫁になるのか推測しながら読むのも非常に楽しいです。

 

・1巻では、貧乏な家庭教師風太郎が、個性的な5つ子に家庭教師をすることになります。

風太郎は、四苦八苦しながら5つ子と接します。

5つ子たちはみんなカワイイけど、風太郎は普通っぽいところもいいですね。

 

・3巻では、中間試験が行われます。

なかなか素直になることができない五月に、風太郎は三玖と間違えたことにして勉強を教えてあげるところが素敵です。

風太郎が家庭教師だったら、勉強ができるようになりそうな気がします。

ふだん見せることのない四葉の小悪魔チックな笑みが良かったですね。

父親に嘘をついたので、風太郎はこれからも家庭教師として雇われることになる。

4巻は、林間学校の話ですね。

 

・8巻では、戻ってもう一度風太郎に告白するところが気に入りましたね。

風太郎は耳が悪いのかもしれません。

鏡のところでキスしていました。

一花か二乃か三玖かもしれません。でも、二乃の場合は、五月の変装は外すと思います。

三玖の場合は、風太郎に気づかれる気がします。ということは、「一花かも!」と思ってしまいました。

五等分の花嫁の感想レビュー


・アニメも良かったんですけど、漫画のほうが断然好きですね!

テンポが良いラブコメで、面白いです。

飽きることなんて全くありませんね。

ストーリーが中だるみすることがありませんし、人間関係もちゃんと前進していきます。

絵もキレイなので読んでいて気分がいいですね。

 

・必ず誰かが風太郎の花嫁になるというのは決まっているんですが、5人のうち誰が花嫁になるのかわからなくてウズウズしてしまいます。

この子かも?!」って推測させるのがすごく上手に描かれているから、続きが気になってたまりません。

ちなみに、わたしはタイトルから勝手に多重人格の女子を好きになってその女子と結婚する、というようなストーリーを想像していたら、全然違うストーリーでした…。

もちろんわたしが思っていたストーリーよりも、はるかに面白いです!

 

・読めば読むほど、5人それぞれに愛情がわいてしまいます。

5人ともかわいくて仕方がないので、ストーリーに魅了されてしまうのですね。

面白いから終わって欲しくない!」と思う漫画に出会ったのは、生まれて初めてです。

5つ子全員が幸せになる展開だったら嬉しいと思います。

でも、いったい誰が花嫁になるんでしょう?

五等分の花嫁をダウンロードして読むならこちら

⇒こちらから電子書籍で五等分の花嫁を読む

⇒こちらから五等分の花嫁を読む

五等分の花嫁をコミック本で読むならこちら

⇒こちらからコミック本で五等分の花嫁を読む

タイトルとURLをコピーしました