宇宙兄弟-宇宙を舞台とした感動のヒューマンドラマ

宇宙兄弟のあらすじ

・2巻では、主人公のムッタが弟ヒビトよりも劣っていると感じてしまう。
ムッタは天真爛漫で天才肌の弟とは違い、劣等感を感じるごく普通の男子なのだ。
けれども、真面目に弟思いのムッタだから、好感度大!しかも読み続けていくうちに
ムッタの天才ぶりが発揮されていくのがとても面白い!ムッタの熱い人間性に惚れてしまう。

・8巻では、合否に関わらずにみんなを抱きしめたくなった!
溝口は結果的にダメだったけど、これがきっと良い経験となり、今後に活かされていくはず。
関西弁を話すやっさんに、けっこうな感じでヤラれてしまうわ。
ただ、宇宙飛行士になることが叶うのはほんの少しの人だけだから、しんどい思いを味わった方もたくさんいる。
そんな人たちの意気込みも含めて、宇宙飛行士となっていくのだね。
ヒビトの月でのシーンには、ハラハラしたよ。そしてとても感動した!
月から見る星って、一度は見てみたいなぁ。地球から見るのとでは雲泥の差があるのだろう。

・10巻では、個性的な登場キャラクターたちの番外編でとても忙しいね。
相性が合わない感じのビンスとラリーは、一体この先どうなるのだろう?
見ているとなんだかスカッとしない。
ムッタのビンスへのファーストインプレッションが当たっていたら、また面白いストーリー展開になりそうで心が弾む。

・14巻では、ムッタがせっかくの宇宙に行くチャンスをせりかに譲る。
ムッタのアイデアの豊富さは素晴らしいよね。
一方、ヒビトがパニック障害に苦しめられる。
室長がオロオロしている場面はウケてしまったね。
シャロンのALSの症状が進んでいるから、不安になってしまうよ。
かわいそうなシャロンだけど、長年の夢が実現するといいね。
シャロンの様子は、月を目指しているムッタにも精神的に影響を与えててしまうよね。
14巻ではハラハラドキドキする内容がメインな感じ。

宇宙兄弟の感想

・こんなに主人公に魅了されたことはいまだかつてないくらい、ムッタは最高の主人公!この作品を読んだら、勉強や仕事を頑張る気持ちになれる。どんな自己啓発セミナーなどより、効果的だと思う。主人公ムッタのアフロヘアーもお気に入り。

・ムッタは不器用だけど人間性が素晴らしい。こんな上司、同僚がもしいてたらとても仕事が捗り、楽しいものとなると思う。夢に向けてストレートなところがカッコいい!また、家族の絆、宇宙への愛、生きる姿など、バラエティーに富んだことが描かれているので読んでいて退屈しないね。あまりにも気に入ったから、最新刊まで一度に大人買いしてしまったよ。笑えるシーンも涙が出るシーンも豊富にあるし、わたしの最も好きな作品!

・ムッタは人間的に素晴らしいものをたくさん持っているからとても魅力がある。もちろん良いところだけでなく悪いところもあるんだけど、それも彼の魅力の一つに感じてしまう。むしろその方が人間的に感じて余計魅力的にうつる。宇宙飛行士になる理由があってそこに向かって目指す姿もステキだけど、ただなんとなくカッコいいからという理由だけで目指すのも悪くはないかも。最新刊が出るたび相変わらず面白いから、続きがどうなるのか早く知りたい。

宇宙兄弟を読むなら
タイトルとURLをコピーしました